労災施術

労災保険が適用となるケース

  • 業務中に物が落ちてきて打撲した

  • 満員電車で人とぶつかり肩を脱臼した

  • 通勤中、雪で滑って腰を強打した

  • 営業先に行く途中に、転倒して足をひねった

業務災害と通勤災害の2種類の「労災保険」

もしも出勤中にケガを負ってしまったら、労災が認定されるのかどうか不安になる方が多いと思います。

保険が適用されるかどうかで、経済的に与える影響も大きく変わってきます。

あなたがどこかの会社で働いている場合、基本的には「労災保険」が適用されます。

この労災保険とは、一体どのようなものなのでしょうか。

労災保険とは、雇用されている人が通勤中や勤務中にケガや病気、障害や死亡に見舞われたときに保険給付を受けることができる制度です。
正式名称を「労働者災害補償保険」といい、労働者やその遺族の生活を守ってくれる社会保険です。

労災保険が適用されるのは大きく「業務災害」「通勤災害」の2つに分けられます。

 

●業務災害

業務災害とは、業務上の事由による労働者の負傷、疾病、障害または死亡のことです。
業務上とは、業務が原因で傷病などとの間に一定の因果関係が認められる場合を指します。
業務災害に対する保険給付は、労働者が事業場に雇われて働いている時に発生した災害に対して適用されます。

 

●通勤災害

通勤災害とは、労働者が通勤中に被った負傷や疾病、障害または死亡のことをいいます。
通勤災害とされるには、前提として労働者の就業に関する移動が労災保険法における通勤の要件を満たしている必要性があります。
ただし、普段の通勤経路ではなかったり、寄り道をした場合は、通勤と認められないケースもあるので注意しましょう。

町屋中央整骨院の【労災施術】アプローチ方法

労災とは、正式には「労働者災害補償保険」といいます。

 

労災には、2種類あります。

①業務災害:業務における災害などが原因で起こった負傷に対し適応となる

②通勤災害:通勤途上での負傷に対し適応となる
※通勤経路を逸脱(居酒屋で飲酒するなど)した場合は適応外 厚生労働省の通達により、日常生活上必要な行為(日用品の購入、学校、病院、選挙など)によつ中断であれば労災が適応となる可能性がある。
ただし施設内での負傷の場合は認められない。

 

当院では、通勤中や業務中に負ってしまったケガに対して、まず適切な応急処置を施し腫れや炎症状態を最小限に抑えていきます。

また状況に合わせ包帯やテーピングで固定や「ハイボルト療法」などで痛みの緩和を図ります。
また「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」 などで筋膜の緊張や癒着をほぐし、早期回復を目指します。

カウンセリングの際、的確な確認を行うことはもちろん、労災のことについて詳しくお伝えしよりスムーズに施術を行います。

労災に関する手続きなど不明な点がございましたらご相談ください。

よくある質問 FAQ

  • 施術期間はどれくらいかかりますか?
    患者さんの症状に合わせて施術を行っていきますので、期間もそれぞれ異なります。カウンセリング時に目安をお伝えさせていただきます。
  • 健康保険を使用してもかまいませんか?
    労災で健康保険の使用はできませんので、必ず労災手続きを行ってください。
  • 通勤中に足を捻挫したのですが、健康保険の対象になりますか?
    通勤中のケガは、労災保険が適用となります。

ご予約について Reservation

  関連コラム Column

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:町屋中央整骨院
住所〒116-0001 東京都荒川区町屋3-2-1
最寄:京成電鉄本線・東京メトロ千代田線・都電荒川線
「町屋駅」徒歩6分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】町屋中央整骨院公式SNSアカウント 町屋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】町屋中央整骨院公式SNSアカウント 町屋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】町屋中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中