四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • 腕が上がらなくなった

  • 肩の痛みの
    せいで夜
    ぐっすりと
    眠れない

  • 肩の痛みを
    我慢していたら
    動きが悪く
    なった

  • 肩の痛みが
    いつまで続く
    のか知りたい

四十肩・五十肩には適切に対処して後遺症を避けましょう

40歳を過ぎるころからお悩みの方が多くなる「四十肩・五十肩」ですが

「肩こり」と同じもののように考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし四十肩・五十肩は肩こりとは原因が異なり
緩和までに時間が必要となります。

また、適切な対処を怠ると数年たっても後遺症として不快症状が残ることもあります。

まずは、四十肩・五十肩がどのような状態なのかを知ることから始めましょう。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

急に肩が痛くなる、四十肩・五十肩

中年期以降、肩に痛みや動かしにくさを感じる方は多くいらっしゃいます。
そのような肩の痛みや可動域の制限は、もしかしたら四十肩・五十肩かもしれません。

まず、四十肩・五十肩とはどのようなものなのかご紹介します。

【四十肩・五十肩について】

 

◆肩関節周囲炎

四十肩・五十肩というのは実は病名ではなく、医学的には肩関節周囲炎と呼ばれ肩関節周辺に炎症がみられる症状全般を指します。

 

◆肩こりとの違い

四十肩・五十肩と肩こりとの明確な違いは、はっきりとした可動制限があるかどうかです。
四十肩・五十肩を発症した場合、明らかに肩関節の可動域が減少し、動かすときに痛みが生じるようになります。

また、肩こりは肩周辺の筋肉の緊張により生じるのに対して、四十肩・五十肩は肩周辺の筋肉の緊張により生じます。

 

【四十肩・五十肩の原因】

 

四十肩・五十肩の原因は実はわかっていません。

ただ、次のようなことで、四十肩・五十肩の発症リスクが増すと考えられています。

 

◆もともと肩こりがある

四十肩・五十肩を発症する方の多くに、もともと肩こりを持っているという共通点がみられます。

 

◆身体が硬い

ストレッチをしてみて身体が硬い方の方が、四十肩・五十肩の発症リスクが高いようです。

 

◆若いころにケガをした

部活や運動中に、肩にケガを負った経験のある方にも四十肩・五十肩が多くみられます。

 

◆姿勢が悪い

四十肩・五十肩を発症する方の多くに猫背などの不良姿勢がみられます。

四十肩・五十肩の症状の経過

四十肩・五十肩は、長い期間をかけて徐々に回復するという特徴があります。

その回復までの経過は、「急性期」「拘縮期」「回復期」3つに時期に分類されています。

 

◆急性期

四十肩・五十肩を発症してから2週間程度が急性期にあたります。
この時期は、肩がズキズキ痛くじっとしていても鋭い痛みを感じます。

特徴として肩の広い範囲~指にかけて痛みがあり、夜寝ている時にも痛みがみられる「夜間痛」があり、非常につらい期間です。

 

◆拘縮期

急性期を過ぎてからおよそ半年ほど、四十肩・五十肩の拘縮期(慢性期)を迎えます。

鋭い痛みから鈍い痛みに変わります。この時期になると安静時痛や夜間痛は収まりますが、手を後ろに回す、 シャンプーをする動作などの特定の動きで痛みを感じます。

 

◆回復期

拘縮期を終えて半年ほど、四十肩・五十肩の回復期が続きます。この時期は、肩関節の痛みは感じることが少ないですが、可動制限は残っています。

 

【四十肩・五十肩の改善法】

 

四十肩・五十肩には3つの時期ごとに対処法が異なるので注意が必要です。

 

◆急性期

激しい痛みをともなう四十肩・五十肩の急性期には、無理なストレッチなどは行わず、できるだけ楽な姿勢で安静にしていることが大切です。

 

◆拘縮期

四十肩・五十肩の拘縮期には動かしたときの痛みが残りますが、この時期にしっかりと肩関節を動かしておくかどうかで、回復までの期間が前後します。できる範囲で少し動かした方が、回復までの時間を短縮できます。

 

◆回復期

肩関節に痛みが出にくくなるものの、可動制限は残っている時期です。
肩関節をしっかりと動かしておくことが重要で、この時期にしっかりと動かしておかないと、数年たっても可動制限が残る可能性があります。

町屋中央整骨院の【四十肩・五十肩】アプローチ方法

四十肩・五十肩は、中高年の男女に多くみられる症状で正式な名前は 「肩関節周囲炎」 です。

突然痛くなるものや最初は 「肩こり」のような症状から徐々に現れるものもあります。

40代~60代の女性に多い傾向がありますが20代にも起こる可能性があります。

原因としては「加齢」「オーバーユース」による肩の周囲にある関節部分に炎症が起こることによって発生します。
過去にケガをしていて治ってから時間が経過し 「肩関節周囲炎」 になるものもあります。

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の周波数を患部に与えることで、炎症を抑え痛みの緩和が期待できます。
軟部組織だけではなく神経の状態を調べる事もできるため、原因を見極める検査として使用することもあります。
即効性があるため、痛みが強いぎっくり腰や筋肉疲労による痛みの緩和などに効果が期待できます。
ポイントで電気を与え、猫背などの姿勢改善を目的として施すこともあります。
※ こちらは保険外施術となります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

金属がついたテープを経穴(ツボ)の上に貼り刺激することで、血流を促進し肩こりや腰痛などの症状改善が期待できます。
筋肉に緊張性の痛みがある場合や、テープが貼れないような箇所であっても別の場所からアプローチすることが可能です。
鍼が苦手な方や
お子様にもおすすめな施術です。

 

■テーピング

目的別にさまざまなテーピングテープを使い分け施します。
炎症所見の強い部位には固定を目的として施すことで、痛みの軽減、損傷部の治癒力促進を目指します。
またスポーツ活動を行う場合は、損傷部の保護とサポートをすることで運動パフォーマンス向上を目指します。

 

■骨格矯正

骨盤のゆがみを整え仙腸関節(骨盤を形成する関節の1つ) の動きを柔らかくします。
身体の中心である骨盤を整えることで腰周りの痛みだけでなく膝・股関節の症状にも効果的が期待できます。
強い力でボキボキと音がなるような施術ではございませんのでご安心ください。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜とは筋線維を包む膜のことで筋肉全体を覆っています。
筋膜には、痛みを感じる神経が多く存在しているため筋膜にシワや突っ張りなどの異常が生じるおと神経が興奮し痛みに繋がります。
そのため、CMC筋膜ストレッチ(リリース)ではステンレス製の特殊なブレードを使い皮膚の表面から刺激を与え癒着した筋膜を剥がし柔らかくします。
筋膜の機能を取り戻すことで身体のバランスを整え、「肩こり」や「腰痛」「股関節痛」など様々な不調改善に効果が期待できます。

 

■カッピング

透明なカップのような吸い玉を使用し、不調を感じる箇所を吸引することにより、緊張状態の筋肉を緩め、血流促進させることで老廃物を効果的に流す効果が期待できます。
「肩や腰の痛み」「足のむくみ」「自律神経の乱れによる不調」の改善効果が期待され、手技では届かない部分へアプローチを行います。

著者 Writer

著者画像
院長:川邊 直(かわべ なお)
資格 : 柔道整復師
誕生日 : 11月21日
血液型 : O型
趣味 : バイク 呑み歩き つまみ作り
好きな料理 : ラーメン 麻婆豆腐
好きなお酒 : ハイボール!!!
似ている芸能人 : 大鶴義丹
この仕事を選んだ理由 : 地域貢献のため
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:町屋中央整骨院
住所〒116-0001 東京都荒川区町屋3-2-1
最寄:京成電鉄本線・東京メトロ千代田線・都電荒川線
「町屋駅」徒歩6分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】町屋中央整骨院公式SNSアカウント 町屋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】町屋中央整骨院公式SNSアカウント 町屋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】町屋中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中