スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • 走り始めて
    しばらくする
    と膝が痛くなる

  • 一定数以上
    投球すると
    肩が痛くなる

  • テニスを
    していたら
    突然、肘が
    痛くなった

  • 思い当たること
    がないのに膝が
    痛くなった

スポーツによるケガの種類を知って早期回復しましょう

スポーツにケガはつきものと言われるほど、スポーツをしていると
ケガをしてしまう機会は多くなります。

 

そんなスポーツによるケガは、大きく分けて

日常でも起こる「骨折」「捻挫」「肉離れ」など一般的なケガと

オーバーユース(使い過ぎ)によるケガ

の2つのタイプに分けることができます。

 

スポーツによるケガを防ぐ、早期に改善するためには、

タイプに応じた対処法をとることが大切です。

スポーツによるケガ早期回復メニュー Recommend Menu

スポーツによるケガの原因を知っておきましょう

スポーツをしていると、他の競技者とぶつかってしまったり、過度なトレーニングにより痛みを感じたりする機会が多くあります。

そんなスポーツによるケガは、適切に対処しなければ後遺症が残ってしまったりとその後の競技人生に大きく影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

まずは、スポーツではどのようなケガが起こりやすいのか、タイプ別にみていきましょう。

スポーツ中のケガはスポーツ外傷と、スポーツ障害の2種類に分けることができます。

 

【スポーツ外傷について】

 

スポーツ外傷はその名の通り、スポーツ中の不慮のケガを意味し転倒や強打など一度の衝撃によって発生します。

具体的には、次のようなケガが挙げられます。

 

◆捻挫

関節がある部分であれば、どの部分でも起こる可能性があります。
足首の捻挫が特に多く重度の場合は手術が必要となるケースもあります。

 

◆打撲

アメフトやサッカーなど接触の多いスポーツは打撲の機会が多くなります。
強い衝撃をうけることで発生します。

 

◆骨折・脱臼

運動中の転倒や衝突などによる外力で、骨折や脱臼を起こすこともあります。
脱臼は肩の部分がもっとも多くみられます。

 

【スポーツ障害について】

 

◆スポーツ障害の特徴

スポーツ障害もスポーツにともなうケガではあるのですが、スポーツ外傷のように一回の衝撃でケガを負うのではなく、繰り返す外力により、徐々に局所を損傷するという特徴があります。

 

◆代表的なスポーツ障害

よく知られているスポーツ障害としては、次のようなものが挙げられます。

 

●テニス肘(上腕骨内側上顆炎)

●野球肩(インピンジメント症候群など)

●野球肘(上腕骨外側上顆炎)

●ランナー膝(腸脛靭帯腱炎)

●ジャンパー膝(膝蓋腱炎)

 

◆スポーツ障害の原因

スポーツ障害は主に次のような原因で起こります。

 

●オーバーユース(overuse)

同じ場所ばかり使いすぎる

 

●ミスユース(misuse)

誤ったフォームで患部に負担を強いている

 

●ディスユース(disuse)

急に運動を始めたためにケガしてしまう

 

【運動中以外にもスポーツ外傷やスポーツ障害は起こります】

 

スポーツ中によく起こることから、スポーツ外傷やスポーツ障害といった名前が付けられていますが、実際には日常生活中の衝突、転倒などによって外傷を負うこともあれば、同じ場所ばかり使いすぎることによる疲労の蓄積で、スポーツ障害のような症状が出ることもあります。

 

スポーツによるケガを負った場合の対処法と予防法

スポーツによるケガを負うことは珍しくありませんが、だからこそ応急処置や予防が重要となります。
ケガをくせにしないよう、またケガをしないよう、応急処置のやり方や予防法を身に付けておきましょう。

 

【スポーツによるケガを負った場合の応急処置】

運動中にケガをした場合、一般的にはRICE処置を行います。

◆RICE処置

RICE処置は「Rest」「Ice」「Compression」「Elevation」の頭文字を取った処置法です。

 

●Rest:安静にする

スポーツによるケガを負った場合、まずは安静にすることが重要です。

 

●Ice:アイシングを行う

スポーツによるケガを負った場合、患部に炎症を起こすケースが多いので、アイスパックなどを用いて患部を冷やしましょう。

 

●Compression:圧迫する

痛みが出ている場所を弾性包帯などで圧迫し、痛みの緩和を図ります。

 

●Elevation:挙上する

患部を心臓よりも高い位置で固定し、血液の流入を一時的に妨げることで、炎症の拡大を防ぎます。

 

◆骨折や脱臼が疑われる場合

スポーツ中のアクシデントによって骨折や脱臼が疑われる場合は、意識の有無を確認したうえで患部を固定し、速やかに医療機関に相談することが重要です。

 

【スポーツによるケガの予防法】

 


スポーツによるケガにはいろいろな原因があるので、自分に合った予防法を行うことが重要です。

 

◆ストレッチ

スポーツ障害は筋緊張によってもたらされることが多いので、普段からよくストレッチをし、筋肉を柔軟に保ちましょう。

 

◆テーピング

スポーツの際にテーピングをすることで、患部を保護して二次的な損傷を防いだり、筋肉の働きをサポートしたりすることが期待できます。

 

◆正しいフォームを身に付ける

スポーツごとの正しいフォームを身に付けることで、ケガのリスクを下げることに繋がります。

町屋中央整骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

スポーツによるケガ (スポーツ外傷)はスポーツをされる方だと誰にでも起こり得るものです。

「ただの捻挫だからほっといたらよくなる」 と言う考えの方は要注意です。


スポーツによるケガを甘く見ていると同じようなケガを何回も繰り返してしまうだけでなく、10年後、20年後に重篤な腰痛や足への痛みの要因になりかねません。

当院ではケガに対しての施術だけでなく痛みの根本となる要因を排除し、その患者さんに合った運動療法を指導をしながら、施術を行っていきます。

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では、「捻挫」「打撲」「挫傷」「骨折」「脱臼」などに対して健康保険などを使用して施術を行うことができます。
当院では、カウンセリングの際に保険適応ができるかどうかを確認してから施術を行っています。
なお、慢性的な肩こりや腰痛、慰安目的の施術は保険適用外となります。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の周波数を患部に与えることで、炎症を抑え痛みの緩和が期待できます。
軟部組織だけではなく神経の状態を調べる事もできるため、原因を見極める検査として使用することもあります。
即効性があるため、痛みが強いぎっくり腰や筋肉疲労による痛みの緩和などに効果が期待できます。
ポイントで電気を与え、猫背などの姿勢改善を目的として施すこともあります。
※ こちらは保険外施術となります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

金属がついたテープを経穴(ツボ)の上に貼り刺激することで、血流を促進し肩こりや腰痛などの症状改善が期待できます。
筋肉に緊張性の痛みがある場合や、テープが貼れないような箇所であっても別の場所からアプローチすることが可能です。
鍼が苦手な方やお子様にもおすすめな施術です。

 

■テーピング

目的別にさまざまなテーピングテープを使い分け施します。
炎症所見の強い部位には固定を目的として施すことで、痛みの軽減、損傷部の治癒力促進を目指します。
またスポーツ活動を行う場合は、損傷部の保護とサポートをすることで運動パフォーマンス向上を目指します。

 

■骨格矯正

骨盤のゆがみを整え仙腸関節(骨盤を形成する関節の1つ) の動きを柔らかくします。
身体の中心である骨盤を整えることで腰周りの痛みだけでなく膝・股関節の症状にも効果的が期待できます。
強い力でボキボキと音がなるような施術ではございませんのでご安心ください。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜とは筋線維を包む膜のことで筋肉全体を覆っています。
筋膜には、痛みを感じる神経が多く存在しているため筋膜にシワや突っ張りなどの異常が生じると神経が興奮し痛みに繋がります。
そのため、CMC筋膜ストレッチ(リリース)ではステンレス製の特殊なブレードを使い皮膚の表面から刺激を与え癒着した筋膜を剥がし柔らかくします。
筋膜の機能を取り戻すことで身体のバランスを整え、「肩こり」や「腰痛」「股関節痛」など様々な不調改善に効果が期待できます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

ドレナージュ(DPL)は 下腿部(ふくらはぎ) に溜まったリンパ液や血液を膝の裏に流すことにより、流れを活発化させて老廃物を集め排出する施術方法です。
体内の代謝が促進され「冷え性」や「むくみ」 の改善に効果が期待できます。
また筋膜の構造上、「腰痛」や「肩こり」の緩和を目的に行うこともあります。

著者 Writer

著者画像
院長:川邊 直(かわべ なお)
資格 : 柔道整復師
誕生日 : 11月21日
血液型 : O型
趣味 : バイク 呑み歩き つまみ作り
好きな料理 : ラーメン 麻婆豆腐
好きなお酒 : ハイボール!!!
似ている芸能人 : 大鶴義丹
この仕事を選んだ理由 : 地域貢献のため
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:町屋中央整骨院
住所〒116-0001 東京都荒川区町屋3-2-1
最寄:京成電鉄本線・東京メトロ千代田線・都電荒川線
「町屋駅」徒歩6分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】町屋中央整骨院公式SNSアカウント 町屋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】町屋中央整骨院公式SNSアカウント 町屋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】町屋中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中