打撲でお悩みの方へ

打撲によくある症状

  • ぶつけた場所が
    いつまでも
    腫れている

  • ぶつけた部分
    が黒くなって
    きた

  • 打撲じゃなく
    骨折かも
    しれない

  • 青あざを早く
    なくしたい

たかが打撲と放置していると危険かもしれません

日常生活の中やスポーツなどで、転倒や強打をしてしまい

「打撲」を負ってしまうことは珍しいことではありません。

 

ケガの中でも発生数が多い打撲は、
受傷後も特になにもせず放置してしまうことが多いケガです。

 

しかし、打撲をしてしまった場所や程度によっては骨折していることも少なくありません。

たかが打撲と軽視せず、適切に対処しましょう。

打撲改善メニュー Recommend Menu

打撲の症状とその原因について

打撲はいわゆる「打ち身」と呼ばれ、日常的にもっとも多くみられるケガです。
ただ、打撲の程度によっては、適切な処置を怠ると重症化に繋がることもあります。

そこで、打撲の症状とその原因についてみていきたいと思います。

【打撲の症状】

 

打撲を負った場合、一般的には次のような症状がみられます。

 

◆内出血

打撲というと「あざができる」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
局所に過度の負荷が掛かることで、皮下の毛細血管から出血すると、いわゆる「青あざ」ができてしまいます。

 

◆腫れ

損傷部位に明らかな腫れがみられます。

 

◆疼痛や圧痛

打撲をした場所にズキズキとした痛み(疼痛)がみられます。
また、患部を押すと痛む(圧痛がある)のも打撲の症状の特徴です。

 

◆熱感

損傷部位が熱を持ったように熱くなります。

 

◆機能障害

打撲によるダメージが筋繊維にまで及んだ場合、動作に支障をきたすこともあります。

 

【危険な打撲】

 

打撲というと軽いケガだと思われることが多いですが、ぶつけた場所によって命にかかわることもあります。

 

◆頭部の打撲

頭を強く打ち付けた場合、吐き気やめまい、痙攣をともなうこともあります。
そのような場合は、直ちに救急車を呼び、適切な処置を受けましょう。

 

◆腹部の打撲

お腹を強く打った場合、内臓を傷つけてしまっていることもあります。
吐血をともなうようであれば、直ちに医療機関に連絡しましょう。

 

【打撲の原因】

 

打撲の原因は実にさまざまですが、代表的なものをご紹介します。

 

◆スポーツでの衝突

コンタクト系のスポーツをしている場合、衝突によって打撲をすることが多くあります。

 

◆不注意

歩いていて不注意で家具に足の指をぶつけてしまった、などの経験がある方は多いのではないでしょうか。

 

◆転倒や落下

高い場所での作業中に落下したり、自転車に乗っていて転倒したりするなど、スポーツ中以外にも打撲は起こります。

打撲した場合の応急処置や予防法をご紹介します

打撲と一口に言ってもその症状や程度はさまざまです。
打撲の痛みや腫れ、内出血を最小限に抑えるためには適切な処置を行うことが大切です。

 

【打撲をした場合の対処法】

 

◆応急処置を行う

医療機関に行くほどの打撲ではない場合は、まず応急処置を施すことが重要です。
応急処置の方法としてRICE処置をご紹介します。

●R:Rest(安静)

深刻な打撲の場合はもちろんのこと、軽度な打撲であってもまずは安静にすることが重要です。
打撲した場所に再度負荷がかかると、二次的損傷を招きかねません。

 

●I:Ice(冷却)

ズキズキと痛む場所をアイスパックなどで冷やすことで、痛みの緩和が可能です。

 

●C:Compression(圧迫)

患部を弾性包帯などで圧迫することで、痛みの緩和や安心感を与えることができます。

 

●E:Elevation(挙上)

打撲した場所への応急処置を終えたら、患部を心臓よりも高い位置で保定します。一時的に血液の流入を妨げることで、炎症の拡大を防ぐことにつながります。

 

◆医療機関でみてもらう

高いところから転落したり、頭をぶつけていたりした場合、素人判断で対処することは避けましょう。
意識がない場合は直ちに救急車を手配してください。

 

【打撲の予防法】

 

打撲というと偶発的なケガで防ぎようがないと思われることが多いですが、普段からケアをすることが打撲のリスクを下げることに繋がります。

 

◆身体を柔軟に保つ

例えば転倒した際に、身体が柔軟であれば、身体に加わるダメージを最小限に抑えることが可能です。

 

◆テーピングをしておく

運動前にテーピングで打撲しやすそうな場所を保護することで、局所へのダメージの軽減が期待できます。

町屋中央整骨院の【打撲】アプローチ方法

日常生活やスポーツ中に何かにぶつかったり、転倒する事を「打撲」と言います。

放っておいてもよくなると思われている「打撲」ですが、受傷直後から適切な処置を行わないといつまでもダラダラと痛みが残ってしまうこともあります。

当院では状態を確認した結果、打撲と判断したものに対してはます「アイシング」を行います。
受傷直後で腫れあがった組織を冷却することで痛みの出る期間を最小限に抑え、早期回復に繋げます。

その後、RICE処置に沿って患部に対してテーピングや包帯固定を行います。

そして、症状緩和がみられてきたら「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」「骨盤矯正」などといった、患部周りの筋肉を強化しつつ柔軟性をつけていくといった「予防医学」に沿った施術をしていきます。

また、ケガを起こしにくい身体づくりにも力を入れておりトレーニングやストレッチなどで筋肉を継続的に鍛えボディバランスを維持させる施術も行っています。

 

【打撲に対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では、「捻挫」「打撲」「挫傷」「骨折」「脱臼」などに対して健康保険などを使用して施術を行うことができます。
当院では、カウンセリングの際に保険適応ができるかどうかを確認してから施術を行っています。
なお、慢性的な肩こりや腰痛、慰安目的の施術は保険適用外となります。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の周波数を患部に与えることで、炎症を抑え痛みの緩和が期待できます。
軟部組織だけではなく神経の状態を調べる事もできるため、原因を見極める検査として使用することもあります。
即効性があるため、痛みが強いぎっくり腰や筋肉疲労による痛みの緩和などに効果が期待できます。
ポイントで電気を与え、猫背などの姿勢改善を目的として施すこともあります。
※ こちらは保険外施術となります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

金属がついたテープを経穴(ツボ)の上に貼り刺激することで、血流を促進し肩こりや腰痛などの症状改善が期待できます。
筋肉に緊張性の痛みがある場合や、テープが貼れないような箇所であっても別の場所からアプローチすることが可能です。
鍼が苦手な方やお子様にもおすすめな施術です。

 

■テーピング

目的別にさまざまなテーピングテープを使い分け施します。
炎症所見の強い部位には固定を目的として施すことで、痛みの軽減、損傷部の治癒力促進を目指します。
またスポーツ活動を行う場合は、損傷部の保護とサポートをすることで運動パフォーマンス向上を目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜とは筋線維を包む膜のことで筋肉全体を覆っています。
筋膜には、痛みを感じる神経が多く存在しているため筋膜にシワや突っ張りなどの異常が生じるおと神経が興奮し痛みに繋がります。
そのため、CMC筋膜ストレッチ(リリース)ではステンレス製の特殊なブレードを使い皮膚の表面から刺激を与え癒着した筋膜を剥がし柔らかくします。
筋膜の機能を取り戻すことで身体のバランスを整え、「肩こり」や「腰痛」「股関節痛」など様々な不調改善に効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:川邊 直(かわべ なお)
資格 : 柔道整復師
誕生日 : 11月21日
血液型 : O型
趣味 : バイク 呑み歩き つまみ作り
好きな料理 : ラーメン 麻婆豆腐
好きなお酒 : ハイボール!!!
似ている芸能人 : 大鶴義丹
この仕事を選んだ理由 : 地域貢献のため
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:町屋中央整骨院
住所〒116-0001 東京都荒川区町屋3-2-1
最寄:京成電鉄本線・東京メトロ千代田線・都電荒川線
「町屋駅」徒歩6分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】町屋中央整骨院公式SNSアカウント 町屋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】町屋中央整骨院公式SNSアカウント 町屋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】町屋中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中